年を取ると蚊の飛ぶ音が聞こえなくなるというのは本当か

どこからやってくるのかわかりませんが、最近、寝ようとすると、耳元で蚊の飛ぶかすかな音に起こされたりすることがあったりします。
あの音というのは、それほど大きな音量ではないのですが、なんだかとても不快なんですよね。
そして、捕らえ損ねてしまうと、また数分してすぐに同じ音を聞かされることになります。
なので、しっかりと仕留めなければ、不快な音にも悩まされるし、そして蚊に刺されるというおまけまでついてくるのです。
エアコンのために窓やドアを締め切っていれば、進入ルートは限られてくると思うが、どこからともなく現れるんですよね。
でも、お母さんに言わせると、まだ蚊の飛んでいる音が聞こえているだけいいそうです。
噂では聞いたことがありますが、年を取ってくると、高周波の小さな音というのは聞き取りづらくなるそうです。
お母さんの場合には、蚊の飛ぶ音に気を取られることはないのですが、寝ているときに知らず知らずに蚊に刺されていたりするそうです。
でも、本当にモスキート音というのは、年齢とともに聞こえなくなるものなのかと、ちょっと半信半疑でいます。ラココ ストラッシュ

まだまだみんな不慣れでしばらくは混むかもしれない

つい一ヶ月ほど前になるが、通勤でいつも使う道の途中に新しいランプができました。
ランプができたのは、大きな道路と大きな道路がぶつかり合う交差点です。
いつも、右折待ちの車が長い列になってしまったり、直進車と左折車も多く、その周囲一帯が渋滞ポイントとなってしまっていました。
なので、右左折して別の幹線に進む車が使うための巨大なランプが作られたのです。
これで、信号で待つことなく右左折できるようになるので、交差点周辺の渋滞も少しは緩和されるのかなと思っていました。
でも、開通から一ヶ月経っているのだが、未だに交差点付近では散発的に渋滞がしています。
というのも、ランプの開通を知らず、ランプに乗るために、その直前に車線変更する車が後を絶たないんですよね。
そんなわけで、もう少し多くのドライバーに認知されるまで、しばらくはこんな状態が続くのではないかと個人的には思っています。
でも、もう少し分かりやすい交通標識が、手前にあってもいいかもしれないなとも感じたりします。全身脱毛 ランキング 安い