涙が止まらなかった実写版映画の美女と野獣

先日、話題となっているエマ・ワトソン主演の美女と野獣を見に行きました。大好きなディズニーの映画なのでかなりこだわって必ず字幕版で見るつもりが、間違えて吹き替えばんだったのと映画が始まってから気づきました。楽しみで夜もあまり眠れなかったくらいなのであまりの落胆に席を立とうとしましたが、そのまま結局みることにしました。ベルの歌声が流れ始めたとき、不思議と聞き入っている自分がいました。そう、この映画はミュージカルタイプで、歌がたくさんでてくるのですが、吹替え版の声優陣のキャストがあまりにもレベルが高すぎて、不満どころか始終感動の気持ちで最後まで見終えてしまったのです。まるで日本の劇団のミュージカルを見に来たみたいでした。一人で見に来たのですが涙が止まらなくて、ストーリーにもうっとり酔いしれてしまい、なんとも素敵な時間を過ごさせてもらいました。どうしてもエマ・ワトソンの歌声も聞きたいので、さっそく来週は字幕版でみると自分に約束しました。日々感動が少ないですが、久しぶりに現実逃避できる夢の世界を堪能させてもらいました。産後 痩せたい 酵素