見た目で判断してはいけない。キノコ狩りをするには、専門家やガイドがいることで安心

皆さん、秋になると様々なキノコ類が旬の時期を迎えますね。

キノコ狩りをすることが好きな方にとっては、楽しみな季節であると言えるのではないでしょうか。

キノコ類の中には、食用キノコと毒キノコがあります。日本には200種を超える毒キノコが存在します。食用キノコと、毒キノコを簡単に見分けるには、どのようにしたら良いのでしょうか。キノコ類に詳しい専門家や、キノコ狩りの経験が非常に豊富なガイドの方々でなければ、見分けるのが難しいものだと言われています。

鮮やか過ぎる赤い色や青紫色をしているものは、毒キノコ・縦にきれいに裂けるものは、毒キノコ・自然の中で昆虫が食べているキノコは、人間が食べても大丈夫である等、古くからキノコ類に関しての様々な言い伝えが存在しますが、全て迷信なのだということです。

初心者だけで行うキノコ狩りは非常に危険が伴うので、必ずキノコのことに詳しい方に同行をしていただくことで、事故を未然に防ぐことができます。

例えば食用のシイタケやヒラタケに酷似しているツキヨタケは、食後30分から1時間で嘔吐、下痢、腹痛などの消化器系の中毒症状が現れます。

このような毒キノコには、くれぐれも注意をしながら、これからの秋の季節に皆さんで、キノコ狩りをどんどん楽しんでいきましょう。給料日前の過ごし方