民進党に協力してもらわなくても都議会の過半数は取れます

先日、自民党都連が石原元都知事関連の百条委員会設置に前向きであるとの話を聞いて、これは自民の抱きつき作戦の一環かなとすぐにピンときた私ですが、
最近笑ったのが東京改革議員団という民進党の新会派の名称でした。
それは小池知事のキャッチフレーズ東京大改革のパクリじゃないかと小池知事もいたくご立腹のようなのでしたが、民進党まで抱きつき作戦に出たと思いきや
こちらの方は小池派になりたいのだが、どうも小池知事に無視されそうなのでもしそうなった場合はこういう形で対抗しますみたいなメッセージのような感じがしました。
要するに民進を除外するのならこっちにも考えがありますみたいなことをしている風にしか私には思えないのでした。
ですからこの際もう民進とは一部を除いて手を切る気持ちで進むのもありだと思いましたが、そのようなことを今大声でまくし立ててしまうとさすがに選挙には不利ですから、
今は静かに黙っていた方が得でしょう。
いくら民進が新会派をたち上げたとしても、公明党と選挙協力すれば議会の過半数は楽に獲得できますから、とにもかくにも民進さんには暫く休んでもらうことになるでしょう。銀座カラー 予約