こんなに便利!『おしりふき』は赤ちゃんがいなくても一家にひとつ

赤ちゃんのいる家庭には必ずある育児グッズのひとつ、おしりふき。
これ、子どもが大きくなってからも、いや子どもが大きくなった今だからこそ、とっても役に立つんです。

まずはウェットティッシュ代わりに。赤ちゃんのお尻が拭けるなら、手だって口だって、何でも拭けます。鞄にひとつ入れておけば、公園でもファミレスでも、どこでも重宝します。

次にお掃除。赤ちゃんのべたべたうんちをきれいに拭き取れるよう、おしりふきにはアルコール類似成分が含まれています。これが大活躍。天ぷら調理後の油の飛び散ったグリルも、汁物をこぼしてべたべたになったテーブルも、おしりふきでさっと拭き取るだけでピカピカになりますよ。
我が家では、骨付き肉の唐揚げなどを手づかみで食べた時も、おしりふきでささっと拭き取っています。ヌルヌルの手のままでは、他の食器も触れませんからね。

子どもが幼稚園くらいになると、つい目を離した隙に床にクレヨンで落書き…なんてことも増えてきます。床やテーブルなどツルツルした面ならば、クレヨンや水性マジックのいたずら描きもおしりふきできれいに消えます。

我が家にはもう赤ちゃんはいませんが、押入れにはダース単位でまとめ買いしたおしりふきがまだまだ眠っています。日常のちょっとしたシーンで大活躍のおしりふき、外で見られるとちょっと恥ずかしい(笑)おしりふき。
それっぽくない可愛いケースに詰め替えて、今日もおしりふきと共に行く母なのでした。http://www.gay-deai.info/musee-vio.html